FITTING

靴選び10のチェックポイント

ここでは靴自体のチェックポイント4つと、靴を履いた状態でのチェックポイント6つをご紹介します。

靴のチェック 4つのポイント

  • つま先部分が浮いているか

    つま先部分が鉛筆一本入る程度、地面から浮いているのが理想的です。
    ヒールの低い靴ほど、この空間が必要になります。

  • トップラインの美しさ

    トップライン(履き口の縁回り)がキレイに仕立てられているかを点検します。
    もし、波打っているようであれば、その靴は不良品ということになります。

  • しっかりとした踵

    踵は少し固いくらいが理想的です。
    踵が柔らかくすぐにへこんでしまうような靴は、しばらく履いた後すぐに問題が生じてしまうでしょう。

  • ヒールの安定感

    パンプスはヒールが命です。平面に垂直に立つかどうか、グラついたりしないかを点検しましょう。
    また、本体とヒールがしっかり固定されているかも重要なポイントです。

靴を履いた状態でのチェック 6つのポイント

  • つま先部分のゆとり

    靴とつま先の間に1cm程度のゆとりがあり、親指の爪が靴に当たっているか確認してください。ある程度の空間がないと、歩く時に痛みが生じてしまいます。

  • 幅と太さ

    親指と小指の付け根はポールジョイントと呼ばれ、この間の距離は足の中で最も幅が広い部分です。この幅と靴の中底幅が合っていることが重要になります。

  • トップラインとくるぶし

    トップラインと外側のくるぶしが触れるようだと、歩くだけで痛みが生じてしまいます。

  • 後部トップラインと踵の接点

    靴と足の踵部分に、隙間や締め付けがないかを確認します。隙間があったり、締め付けられたりしている状態は、靴が足のサイズにあっていない証拠です。

  • 甲の履き口の密着度

    靴の履き口(トップライン)が足の甲を軽く抑える程度が丁度よい密着度です。

  • アーチライン

    座っている状態では土踏まずが触れず、立った時に軽く触れる程度が一番よい状態です。

足の形状についての基礎知識
世界のサイズについての基礎知識
靴選び10のチェックポイント

SHOP LIST

  • MAIN SHOP YOKOHAMA 045-662-8408MAP
  • SHIBUYA 03-6427-8805MAP
  • NAGOYA 052-585-2852MAP

SHOP LIST